この記事は約 2 分で読めます

コーヒーでアディポネクチンを増やす

 

アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されるホルモンの一種で、このアディポネクチンの分泌がダイエットに影響するものと考えられています。

 

また「やせホルモン」や「長寿ホルモン」とも言われているアディポネクチンは、脂肪細胞から分泌され、生活習慣病の対策としても期待されているのです。

 

脂肪細胞からホルモン以外の生理活性物質も分泌されていて、その中でも善玉物質として注目されているアディポネクチンに注目してみます。

 

 

コーヒーでアディポネクチンを増やそう

 

アディポネクチンの分泌を増やすにはコーヒーと運動によって分泌量が増加することがアメリカの有名大学などの実験で証明されています。

 

コーヒーにもカフェイン入りとカフェインレスがありますが、アディポネクチンの分泌量はどちらのコーヒーでも分泌量が増えることがわかっています。

 

コーヒーを飲むことで分泌量が増える理由にはコーヒーに含まれるポリフェノールが影響していることが考えられます。

 

コーヒーを飲む量は、1日4杯以上飲むことでアディポネクチンの濃度が最も高くなるということもわかっています。でも飲みすぎると他にも影響が出てくるので6杯程度までとも言われていますが。。。

 

またコーヒーの中でも「グリーンコーヒー」の方がポリフェノールが豊富に含まれていて、1日1〜2杯程度で効果的にアディポネクチンを増やすことができ、よりアディポネクチンのためにはいいとされているのです。

 

 

アディポネクチンが注目されている理由

 

注目されている理由のひとつにアディポネクチンは脂肪を燃焼させる働きがあると考えられているため。

 

一般的にダイエットというのは、体を動かしてリパーゼという脂肪を分解する酵素を活性化させて体の脂肪をエネルギーとして消費しますが、アディポネクチンは運動しなくても筋肉内にある酵素を活性化させる働きが期待できます。

 

アディポネクチンが体内で分泌されていれば太りにくい身体に貢献してくれるのです。

 

実際に、アディポネクチンというのは内臓脂肪が多いほど分泌量は減ってしまう傾向にあるため、分泌量を増やすためには脂肪を溜め込まないようにすることが必要。

 

しかも、アディポネクチンはダイエットなどに効果的ということだけではなく、動脈硬化を予防したり他の病気にならないよう体の調子を整えてくれる働きも期待できます。

 

特に糖尿病の予防軍も心配する「インスリンの効果」を高める働きもあるため、将来の不安でもある2型糖尿病の予防にも期待がもてると言われています。

 

 

DSアディポの口コミ|アディポネクチンを増やしダイエットで健康に