アディポネクチンを増やしてメタボをなんとかしたい

 

アディポネクチンの数値を増やしてメタボ対策したい

 

メタボリックシンドロームでいわゆるメタボはちょっとまえに一気に普及して広がった単語ですね。

 

健康診断を受けるとメタボ診断もしてくれて、ついつい診断時にお腹をへこませてしまっていませんか?

 

実際にはメタボの基準がどういったものなのかを調べてみました。

 

 

日本肥満学会の基準では腹囲男性85cm、女性90cm以上

かつ

①血圧130/85mmHg以上、

②中性脂肪150mg/dL以上またはHDLc40mg/dL未満、

③血糖110mg/dL

以上の3項目中2項目以上を合併した状態

 

知っていましたか?

私も調べるまでは「お腹周りが85cmがあぶない」ということしか知りませんでしたが、そのほか中性脂肪の値のほか血圧や血糖値も関係あるだなんてあなたは知っていましたか?

 

アディポネクチンを増やしてダイエットしましょう

 

 

現在、体重が増えて健康の心配がある場合には、目安として20歳の頃より太っていることが基準となっています。頑張って20歳の頃の体重を思い出してみてください。

 

身長があまり伸びていないのに体重はどれぐらい増えていますでしょうか?

計算するだけで恐ろしいと思う方がほとんどだと思いますが、もしも明らかに10kg以上の体重が増えているのであれば、確実にあなたの体の中でのアディポネクチン数は減っています。

 

特に、生活習慣病など少しでも不安をかかえる40歳以上の方であれば、すぐにでもダイエットするべきです。

 

太る原因といえば、シンプルに言って食事のカロリーと消費カロリーの足し算引き算。

 

これらの計算の日々の積み重ね、ましてや5年、10年ならばもう考えたくもありません。

長年の悪い生活習慣によるものですから、心当たりがない人はまずいませんよね。

 

ここで理想の体重を目指してダイエットしてもいきなり-10キロといった目標では、絶対に挫折するでしょう。

 

逆に、高い目標がストレスになってしまいすぐにあきらめたり、絶食や過剰な運動をするのであれば体を壊してかえって体を悪くしてしまうでしょう。

 

ここまで書かなくても、きっと皆さんも何回か経験済みなのではないでしょうか。

健康的にダイエットを目指して体の調子を整えたいならアディポネクチンの数値をよくすることがよい結果に繋がることが多いでしょう。

 

もっと手軽にアディポネクチンを増やせるサプリがあります。

 

 

>>DSアディポの口コミ|アディポネクチンを増やすダイエットが人気