カテゴリー:アディポネクチンを増やすの記事一覧

DSアディポの口コミ|アディポネクチンを増やすサプリの効果

糖尿病、生活習慣病やメタボの改善できる「ためしてガッテン」やNHKで口コミで話題のアディポネクチンの数値を増やせる最安値サプリの評判のよいDSアディポで健康でいつまでも長生きをしたい、 口コミがよい岡部正医師監修サプリのDSアディポでアディポネクチンを増やす効果のサプリを最安値を試してみたい

  • アディポネクチンを増やす

カテゴリー:アディポネクチンを増やす

「ためしてガッテン」で長寿ホルモンのアディポネクチンを増やせる方法が公開

ためしてガッテンの「長生きホルモン大放出!動脈硬化メタボ糖尿病 一挙解決SP」で出てきた長生きホルモンとは、アディポネクチンのことです。

 

長寿ホルモンであるアディポネクチンは脂肪細胞から分泌されており、糖尿病や動脈硬化を予防する効果があると注目されています。優れた健康効果を発揮し、現代人の多くが気にしている中性脂肪を減らしたり、メタボリックシンドロームを改善したり、高血圧も予防できます。

 

アディポネクチンは内臓脂肪が増えれば増えるほど減少する性質を持っていますので、不健康な生活を続けていてメタボリックシンドロームが進むと減ってしまいます。

 

他にも血管を修復したり抗がん作用があったり、脳卒中や心筋梗塞の予防も行えます。

コレステロールの正常化や高脂血症の改善、老化予防、血栓の予防、インフルエンザの予防など幅広い効果が期待できますので、なるべく増やせるように対策を講じることが大切です。

 

アディポネクチンは内臓脂肪から分泌されますが、太りすぎて内臓脂肪が膨らんでしまうと分泌量は減ってしまいます。

 

逆に内臓脂肪や体脂肪が極めて低い状態の時にも栄養が足りなくてアディポネクチンを分泌できませんので、健康的な体型を維持してちょうど良いサイズの内臓脂肪を持つようにします。

 

近年では高脂肪の食事を摂る人が多くなって内臓脂肪がつきすぎてしまうケースも多く見られますが、高脂肪のものを避けて野菜をたくさん取り入れたり運動をすることで内臓脂肪を減らせますので、生活習慣を見直すことが大切です。

 

アディポネクチンは若返り遺伝子であるサーチュイン遺伝子を活性化することでも注目されています。長生きする人の体内にはアディポネクチンの量が多く、100歳以上まで長生きした人たちの体内には普通の2倍もの量が存在します。

 

健康で看病や介護を必要とせず、心身共に若々しい状態で過ごせる健康寿命を長くするための鍵になるのがアディポネクチンです。

 

>>アディポネクチンを増やせるサプリDSアディポTOPへ

コーヒーでアディポネクチンを増やせる?

アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されるホルモンで、このホルモン分泌がダイエットに影響するものと考えることができます。

 

やせホルモンや長寿ホルモンとも言われているアディポネクチンは、脂肪細胞から分泌されるホルモンの一種で、生活習慣病の対策としても期待できます。

 

脂肪細胞からホルモン以外の生理活性物質も分泌されていて、その中でも善玉物質として注目されているのがアディポネクチンです。注目されている理由のひとつにアディポネクチンは脂肪を燃焼させる働きがあると考えられているためです。

 

ダイエットでは、体を動かしてリパーゼという脂肪を分解する酵素を活性化させて体の脂肪をエネルギーとして消費しますが、アディポネクチンは運動しなくても筋肉内にある酵素を活性化させる働きが期待できます。

 

アディポネクチンが体内で分泌されていれば太りにくい身体にすることが期待できます。

 

アディポネクチンは内臓脂肪が多いほど分泌量は減ってしまう傾向にあるため、分泌量を増やすためには脂肪を溜め込まないようにすることが必要です。

 

アディポネクチンはダイエットなどに効果的ということだけではなく、動脈硬化を予防したり改善する働きも期待できます。さらにインスリンの効果を高める働きもあるため2型糖尿病の予防にも期待がもてます。

 

アディポネクチンの分泌を増やすにはコーヒーと運動によって分泌量が増加することがアメリカの有名大学などの実験で証明されています。コーヒーにもカフェイン入りとカフェインレスがありますが、アディポネクチンの分泌量はどちらのコーヒーでも分泌量が増えることがわかっています。

コーヒーを飲むことで分泌量が増える理由にはコーヒーに含まれるポリフェノールが影響していることが考えられます。

 

コーヒーを飲む量は、1日4杯以上飲むことでアディポネクチンの濃度が最も高いということもわかっています。

 

またコーヒーにもグリーンコーヒーがポリフェノールが豊富に含まれていて、1日1〜2杯程度で効果的にアディポネクチンを増やすことができダイエットにも有効な方法です。

 

 

 

>>DSアディポの口コミ|アディポネクチンを増やすサプリの効果TOPへ

アディポネクチンを漢方薬で増やせるか?

漢方でアディポネクチンを増やせるか

 

 

漢方の成分、黄蓍(オウギ)でアディポネクチンを増やせます。

 

黄蓍(オウギ)とは、韓国ドラマ「チャングムの誓い」にでてきた、古来の朝鮮王朝でとても貴重な食材であり、黄耆はマメ科のキバナオウギおよびナイモウオウギの根を乾燥したもの

 

フラボノイド、サポニンを含有し、老化防止作用・血圧降下作用・利尿作用のほか免疫活性などに効果があります。

 

しかしながら漢方はよくわかりにくく黄蓍(オウギ)配合のサプリよりもわかりやすくもっと効率よく摂れるサプリがあります。

 

 

サプリといっても食品にある栄養分で、アディポネクチンを増やせる効果に高いものをバランスよく配合したもの。

 

その中でも今もっとも人気のあるサプリがDSアディポ。

気になるのならみてみるのもいいかもしれませんね。

 

>>DSアディポの口コミ|アディポネクチンを増やすサプリの効果TOPへ

アディポネクチンを増やしたい

アディポネクチンは、脂肪の細胞から血液の中へ分泌される超善玉ホルモン

 

 

アディポネクチンは、いわゆるメタボの解消に役立つという研究結果が出ています。

 

多くの方が悩む生活習慣病の中で健康診断でおなじみのメタボ・糖尿病・高血圧・高脂血症・動脈硬化・糖尿病を改善できる超善玉ホルモンなのです。

 

アディポネクチンは、発見されてまだ20年ほどしかなっていない脂肪細胞から分泌されるホルモンで、アディポは「脂肪」、ネクチンは「接着」が語源となっています。

 

先ほどの効能の他に

  1. 腫瘍の増殖を抑えるのでがん予防にもいい
  2. アンチエイジング老化防止にもなる
  3. ヒアルロン酸の分泌促進で関節の痛みにもいい

 

同じ脂肪なのになぜメタボになるかの分かれ目

 

適度な脂肪細胞は白色脂肪細胞といわれアディポネクチンが分泌されますが、多すぎる脂肪は脂肪自体が肥大化し正常な状態でなくなるのです。

 

そうするとアディポネクチンが分泌されなくなり、善玉ホルモンが悪者に変身してしまうのです。

脂肪細胞が小さいと分泌量が多く、細胞が肥大化すると分泌量が減少してしまう。

こういったバランスを保つためにアディポネクチンの量の増加を図れば、肥大化つまり肥満の予防にもなります。

 

アディポネクチンとは

アディポネクチンは、脂肪細胞から分泌される分泌蛋白である。血中濃度は一般的なホルモンに比べて桁違いに多く、μg/mlオーダーに達する。

作用としては、インスリン受容体を介さない糖取り込み促進作用、脂肪酸の燃焼、細胞内の脂肪酸を減少してインスリン受容体の感受性を上げる作用[1]、肝臓のAMPキナーゼを活性化させることによるインスリン感受性の亢進、動脈硬化抑制、抗炎症、心筋肥大抑制など、多彩である。

Wikipediaより

 

男性と女性のアディポネクチンの数値を調べてみると
男性 7.5mcg/ml
女性は12.7mcg/ml

アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されるので、男性より女性の脂肪が多いのでよりアディポネクチンを多く分泌されているのです。

 

女性の方が平均値が高く、長生きできる要因といわれています。

 

 

アディポネクチンをたくさん分泌するには

 

アディポネクチンは体内の脂肪細胞から分泌されるので、ふだんの食事から栄養として摂れません。

 

でも、アディポネクチンの分泌を促進できる栄養分はあります。

 

アディポネクチン分泌を増やせる栄養素

 

  • 豆腐や納豆に含まれる大豆タンパク
  • 野菜に含まれるマグネシウムなどのミネラル
  • 青魚やマグロなどからのEPA
  • 根菜野菜から取れる食物繊維
  • ビール酵母など

 

しかし、これらの栄養の必要な分量を毎日摂っていくとなると非常に大変です。

 

栄養士さんからのアドバイスを受けて毎日のメニュー作りをしてくれる人はいません。

そこで、栄養分を凝縮しているサプリメントの活用がおすすめです。

 

これらの栄養を考えることなくただ毎日飲み続けるだけでいいという便利なサプリ。

アディポネクチンを安定して分泌させたいならサプリの選択肢はいかがでしょうか?

 

>>DSアディポの口コミ|アディポネクチンを増やすサプリの効果TOPへ