カテゴリー:アディポネクチンの検査の記事一覧

  • アディポネクチンの検査
カテゴリー:アディポネクチンの検査
アディポネクチン数値の検査をする方法はどうすればいいのか

アディポネクチンの検査

 

アディポネクチンとは脂肪細胞から生み出される善玉ホルモン。

 

インスリンの働きを低下させるインスリン抵抗性を改善したり、脂肪を燃焼させて血糖値や中性脂肪の値を低下させる作用を持っています。

 

アディポネクチンは脂肪細胞が健康で適正な小ささをしている時は一定の量排出されますが、肥大化しているものからは生み出されなくなるという性質をしています。

 

この特性が内臓肥満や高血圧などで顕著に表れるため、メタボリックシンドロームかどうかを計測するひとつの指標としてアディポネクチンの値を用いることが可能。

 

1990年代という比較的新しい時期に発見されたため現在でも研究が続けられていて、具体的な例として糖尿病や脳梗塞にガンなどの予防や改善に繋がるものであるという報告もなあるほど。

 

アディポネクチンには分子の形によってそれぞれ型が異なり、その中でも複数の分子がまとまった高分子型は動脈硬化に対しての抵抗性能があると考えられているのです。

 

 

アディポネクチンの数値を検査してみよう

 

アディポネクチンの分泌が多く数値が高いということはそれだけ長寿に繋がると言えるでのですが、実際に検査で数値を計るにはどうすればいいのか?

 

まず、アディポネクチンの検査としては分子型を問わない総量と、高分子型のみのいずれかを選択できることが多いですが、どちらも治療ではないため保険は適用されず全ての費用を被検査者が支払う必要があります。

 

全額負担と言っても検査方法は採血によるものなので大掛かりになることはなく、費用も数千円程度と安くほとんどの医療機関で受けることが可能で検査期間は大体1週間くらいで済みます。

 

血中の正常値は1ml中に5から10μgあれば良いとされていますが、平均値は男性が1ml中に約8μgで女性が約12μgという数値をしています。

 

一般的に男性よりも女性の方かアディポネクチンの数値が高いのです。

 

そのため女性の方が平均年齢が高いという考え方もされていています。

 

さらに長寿の人が持つ数値はそれ以外の人と比べて倍以上の数値があるという統計結果も出されているので、なおさら長寿と繋がっている可能性が高いのです。

 

血管の酸化とともに危険性が高まる重い病気を予防していくにはアディポネクチンの数値を意識して生活していきたいと思いますよね。

 

DSアディポの口コミ|アディポネクチンを増やしダイエットで健康に

アディポネクチンを漢方薬で増やせるか?

 

 

漢方の成分、黄蓍(オウギ)でアディポネクチンを増やせます。

 

黄蓍(オウギ)とは、韓国ドラマ「チャングムの誓い」にでてきた、古来の朝鮮王朝でとても貴重な食材であり、黄耆はマメ科のキバナオウギおよびナイモウオウギの根を乾燥した漢方です。

 

黄蓍(オウギ)はフラボノイド、サポニンを含有し、老化防止作用・血圧降下作用・利尿作用のほか免疫活性などに効果があります。

 

しかしながら、漢方の黄蓍(オウギ)は漢方薬だけあって副作用も報告されています。

・発熱、から咳、息切れ、呼吸困難
・尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、手がこわばる
・体がだるくて手足に力が入らない、手足がひきつる、手足がしびれる
・体がだるい、皮膚や白目が黄色くなる

 

もっと安心してアディポネクチンを増やせる成分を摂れるサプリが今は販売されています。

 

サプリといっても普通にスーパーなどに手に入る食品に含まれているものを、最近の研究の結果によりもっともっともバランスよく配合したもの。

 

その中でももっとも人気のあるサプリが「DSアディポ」というものです。

DSアディポは一般に売っている食品から効率よくアディポネクチンを増やせるサプリ。

 

少しでも気になるのなら是非みてチェックしてみてください。

 



>>DSアディポの詳細はこちら