カテゴリー:アディポネクチンの数値を上げて生活習慣の改善をしたいの記事一覧

  • アディポネクチンの数値を上げて生活習慣の改善をしたい
カテゴリー:アディポネクチンの数値を上げて生活習慣の改善をしたい
アディポネクチンの作用と効果についてチェックしましょう

アディポネクチンの作用と効果で長生きしたい

 

アディポネクチンとは体内の脂肪細胞から分泌される善玉ホルモンの事で長寿の秘訣!

 

アディポネクチンはどのような作用と効果があるのかというと、東京大学医学部の門脇 孝教授や山内敏正准教授らの研究チームがあきらかにし、科学誌「Nature」電子版に発表しました。

 

研究の結果、脂肪を燃焼させる働きで人間の体の体重を減らしたり、血液をサラサラにしたり健康を維持する作用があることが分かり「やせホルモン」といわれています。

 

 

アディポネクチンの作用

 

ユーグレナのように健康によいとされるもので具体的に言うと次のような病気にはいいとされています。

 

・高血圧
・動脈硬化
・肥満
・抗がん剤
・糖尿病

 

アディポネクチンは血管の中に沢山あり、血液が体全身を巡り傷ついた血管を修復したり広げてくれます。

 

そして、血流の流れを良くし高血圧予防にもなりますし、その結果大きな病気にならないよう身を守ってくれるのです。

 

まず、動脈硬化の心配がなくなれば、脳梗塞や心筋梗塞といった病気の予防にもなるという事です。

 

またアディポネクチンは糖質やコレステロールの代謝にも関係していて、血糖値が低い空腹時に脳へアディポネクチンがいくと食欲を抑える作用があり、食事量を減らす事が出来ます。

 

その結果ダイエット効果にも繋がる効能があります。

 

さらに血管内のアディポネクチンが著しく低くなると胃がんや大腸がん、前立腺がん、そして乳がんになるリスクが高くなります。

 

アディポネクチンを増やす事ができれば抗がん作用も期待できると注目されているのです。

 

他にもアディポネクチンには糖質の代謝を促進して、体内でインスリンが正常に作用するように働きかける効果があるのでは糖尿病予防にもなると言われています。

 

アディポネクチンを増やしたい

 

アディポネクチンを増やす方法はどうすれば良いのか。

 

直接食品から摂取する事は出来ませんが体内で増やす効果のある食品を食べたり、増やしやすい体にする事は可能です。

 

 

まず体内でアディポネクチンを増やす手助けをしてくれる物質はシークワサーといった柑橘系に含まれている「ノビレチン」という成分や、イワシやサバといった青魚に含まれている「オメガ3脂肪酸」、ワカメやひじきといった海藻類に多く含まれている「マグネシウム」

 

さらに、蕎麦や玄米といった穀物類や大豆などの豆類に多く含まれている食物繊維などが有効なのでそれらを積極的に摂取すると良いのです。

 

また太っている人は適度な運動をして生活習慣を改め適正体重にする事も改善に大切。

 

メタボリックシンドロームいわゆるメタボで体重が増えてしまっている方には、このアディポネクチンが非常に有効なのです。

 

しかしあくまで脂肪の細胞からアディポネクチンは作られるので痩せすぎてしまうと体内から分泌されません。

 

内臓脂肪と違い、ある程度の体の脂肪は健康の為には必要なのことは忘れてはいけません。

 

 

DSアディポの口コミ|アディポネクチンを増やしダイエットで健康に

アディポネクチンで糖尿病の予防、生活習慣を改善したい

 

メタボになるといろいろな生活習慣病になるリスクが高まります。

 

そして怖い病気の一つが糖尿病。

 

本来は人間の体を動かすために必要なエネルギー源であるブドウ糖(血糖)がインスリンの量に対して多すぎると、血糖値が高い状態が続き糖尿病となるのです。

 

糖尿病になってしまうと、血管が傷つき柔軟性が失われて分厚く硬い血管となります。その状態が続くと、やがては脳梗塞や心筋梗塞のように命を落とすリスクも出てきます。

 

ご存知のとおり、糖尿病では症状が進むと、血糖値を下げるために注射でインスリンを補充して血糖値を下げる治療が必要になってきます。

 

一時的な効果しかありませんが、血糖値が下がれば危険な状態からは脱することが可能なためです。

 

糖尿病になると、一生治らない病気で死ぬまでずっと病気と付き合っていかなくてはいけなくなるのでホント怖いですよね。

 

 

糖尿病になりたくない、生活習慣を改善したい

 

現代の日本で問題となっている生活習慣病で今注目されているのが「アディポネクチン」というホルモン。

 

内臓の脂肪によるメタボリックシンドロームに悩む人には、是非意識して欲しい最適なホルモン成分で、アディポネクチンが脂肪細胞が分泌しインスリンの働きを助けてくれることもわかっています。

 

「アディポネクチン」はインスリンの働きが弱くなるインスリン抵抗性にも関わるものでインスリンが分泌されているのに血糖値が下がらない患者でも「アディポネクチン」を投与すればよい方向にいくのです。

 

さらに、「アディポネクチン」は食欲を抑える働きもあるのです。

 

メタボになってしまう人の中には、脂っこいものや肉類ばかりを大量に食べる偏った食生活が原因となる人もいます。

 

「アディポネクチン」を投与することで過剰とも言える食欲を抑えることが出来れば、血糖値が高くなることを防ぐことが出来、ひいては糖尿病の予防にもつながることでしょう。

 

それほど効果の高いアディポネクチンではありますが、現在のところ分泌量を増やす薬というものは開発されていません。

 

血糖値を改善することがわかっているのは、まだマウスを使った実験の段階で、人に技術を応用するのは臨床試験や厚労省の認可などを経なければいけないので時間がかかります。

 

それでも、食生活の変化や運動不足などによりメタボに悩む人が増えている現代で、画期的な治療が出来る可能性が出てきて健康になりたいと多くの人が願う希望になりえることとでしょう。

 

会社などでも定期的にある健康診断でもよい数字が出るように、アディポネクチンに注目して体の調子に気をつけていきたいですね。

 

 

DSアディポの口コミ|アディポネクチンを増やしダイエットで健康に

テレビ東京の主治医が見つかる診療所で紹介「中性脂肪の減らし方」

 

岡部クリニックの岡部先生は脂肪に関する著名人でテレビ東京で放映されているTV番組にゲスト出演されてました。

 

ここでは、肥満の原因である中性脂肪が増える原因や食べ物を解説しています。

 

1.早食い

これは私でも当てはまりますね、特にすき家などの牛丼屋さんではどんぶり物が飲み物みたいな勢いで早く食べてしまいます。

 

2.フルーツ

意外です。果物は食後に食べたりしますが、子どもや女性が特に好きな食べ物です。季節を感じるには果物は欠かせないのにちょっと残念です。

 

3.アルコール

これは妥当でしょう。毎日のように飲んでいる方は肝臓の負担も考えて飲む量を見直したほうがいいですね。

 

4.炭水化物

 

有名なところです、私の好きなやきそばパンは炭水化物を炭水化物で挟んでいます。またハンバーガーでもハンバーグにパン粉が入っているのでやはり炭水化物を炭水化物で挟んでいるのかもしれません。気をつけたいものですよね。

 

 

出演した他の先生の解説

 

1.AMPキナーゼについて

 

糖や脂肪をAMPキナーゼという酵素で筋肉に蓄積させて糖や脂肪を燃焼させ、血中への余分な糖が減らすことできるというもの。

食後に筋肉を動かす運動をすると効果的です。

 

2.サバの水煮缶でダイエット

 

サバなどの青魚に含まれるDHAやEPAは、中性脂肪ができるのを抑える効果があります。

特にサバの水煮缶なら、缶詰なのでDHAやEPAが酸化されておらず効率的に摂れるということ。

 

近所のコンビニやスーパーでもこういったテレビで紹介されると翌日から数日は品切れになるほど売れる現象がおきて楽しいですよね。

 

番組内ではサバの水煮缶を使ったレシピをいくつか紹介していました。

DHAやEPAを効率的にとって中性脂肪を減らしダイエットしたいですね。

 

 

3.岡部先生が注目しているアディポネクチン

 

中性脂肪の原因を解説した岡部先生は、DHAやEPAよりもアディポネクチンの酵素に注目しています。

 

アディポネクチンの効果としては次のような作用があげられています。

 

1.がん細胞の増殖を抑える

がん細胞は毎日体内でつくられて、自身の免疫力でがん細胞を破壊しています。体調を落とし免疫力が弱っても安心です。

 

2.血糖値を下げてインスリンの働きを助ける

体内にあるインスリンをサポートできます。

 

3.血管の老化を防ぎ傷んだ血管をなおし血管拡張作用で血圧を降下

加齢とともに酸化していく血管の機能を改善させ動脈硬化を防ぐことによって、脳梗塞や心筋梗塞の予防になります。

 

4.体内での脂肪の代謝を活性化し中性脂肪を減らす

アディポネクチンという超善玉ホルモンはDHAやEPAと違い運動しなくても中性脂肪を減らしてくれる心強い味方です。

 

このようにアディポネクチンは中性脂肪を減らしメタボの予防のほかに、体の大事な血管をも健康にしてくれるすばらしい成分。

 

どうやったらこのアディポネクチンを増やせるかというと、大豆の多いきなこや不飽和脂肪酸たっぷりのオリーブオイルなんかがよいそうです。

 

メタボと健康のためにアディポネクチンを増やせる方法を知っておきたいですね。

 

 

DSアディポの口コミ|アディポネクチンを増やしダイエットで健康に

DSアディポでアディポネクチンを増やしメタボ対策

 

アディポネクチンの数値を増やしてメタボ対策したい

 

メタボリックシンドロームでいわゆるメタボはちょっとまえに一気に普及して広がった単語ですね。

 

健康診断を受けるとメタボ診断もしてくれて、ついつい診断時にお腹をへこませてしまっていませんか?

 

実際には「メタボの基準」がどういったものなのかを調べてみました。

 

日本肥満学会の基準では腹囲男性85cm、女性90cm以上

 

かつ

①血圧130/85mmHg以上、

②中性脂肪150mg/dL以上またはHDLc40mg/dL未満、

③血糖110mg/dL

 

以上の3項目中2項目以上を合併した状態

 

知っていましたか?

 

私も調べるまでは「お腹周りが85cmがあぶない」ということしか知りませんでしたが、そのほか中性脂肪の値のほか血圧や血糖値も関係あるとは知りませんでした。

アディポネクチンを増やしてメタボ対策をしましょう

 

メタボ対策

 

現在、体重が増えて健康の心配がある場合には、目安として20歳の頃より太っていることが基準となっています。頑張って20歳の頃の体重を思い出してみてください。

 

身長があまり伸びていないのに体重はどれぐらい増えていますでしょうか?

 

計算するだけで恐ろしいと思う方がほとんどだと思いますが、もしも明らかに10kg以上の体重が増えているのであれば、確実にあなたの体の中でのアディポネクチン数は減っています。

 

特に、生活習慣病など少しでも不安をかかえる40歳以上の方であれば、すぐにでもダイエットするべきです。

 

太る原因といえば、シンプルに言っても食事のカロリーと消費カロリーの足し算と引き算なのは分かります。

 

しかし、これらの計算の日々の積み重ね、ましてや5年、10年ならばもう考えたくもありません。

 

長年の悪い生活習慣によるものですから、暴飲暴食うあ生活の不摂生に心当たりがない人はまずいないことでしょう。

 

ここでなとか痩せようと、理想の体重を目指してダイエットしてもいきなり-10キロといった目標では、絶対に挫折するのは目にみえています。

 

逆に、ダイエットの高い目標がストレスになってしまいすぐにあきらめたり、絶食や過剰な運動をするのであれば体を壊して、かえってもっと体を悪くしてしまうのはないでしょうか。

 

ここまで書かなくても、きっと皆さんも何回か経験済みの方もいらっしゃるかと思います。

 

健康的にダイエットをして体の調子を整えたいならアディポネクチンの数値をよくすることがお手軽でよい結果に繋がるということは医学的にも証明されています。

 

そして今では、お手軽にアディポネクチンを増やせるというサプリも開発されているのです。

 

 

DSアディポの口コミ|アディポネクチンを増やしダイエットで健康に