アディポネクチン サプリが投稿した記事一覧

DSアディポの口コミ|アディポネクチンを増やすサプリの効果

糖尿病、生活習慣病やメタボの改善できる「ためしてガッテン」やNHKで口コミで話題のアディポネクチンの数値を増やせる最安値サプリの評判のよいDSアディポで健康でいつまでも長生きをしたい、 口コミがよい岡部正医師監修サプリのDSアディポでアディポネクチンを増やす効果のサプリを最安値を試してみたい

  • 投稿者 : アディポネクチン サプリ

投稿者:アディポネクチン サプリ

アディポネクチンの作用と効果についてチェックしましょう

アディポネクチンとは体内の脂肪細胞から分泌される善玉ホルモンの事です。

 

ではこの物質にはどのような作用と効果があるのかというと、血液をサラサラにしたり健康を維持する作用があります。

 

具体的に言うとまず動脈硬化を予防してくれます。アディポネクチンは血管の中に沢山あり、血液が体全身を巡り傷ついた血管を修復したり広げてくれる事で血流の流れを良くし高血圧予防にもなりますし、その結果動脈硬化などから身を守ってくれる効果があります。

 

動脈硬化を防いでくれるという事は脳梗塞や心筋梗塞といった病気の予防にもなるという事です。

 

またアディポネクチンは糖質やコレステロールの代謝にも関係していて、血糖値が低い空腹時に脳へアディポネクチンがいくと食欲を抑える作用があり、食事量を減らす事が出来ます。その結果ダイエット効果にも繋がる効果があります。

 

さらに血管内のアディポネクチンが著しく低くなると胃がんや大腸がん、前立腺がん、そして乳がんになるリスクが高くなりますので、増やす事が出来れば抗がん作用も期待できると注目されています。

 

 

他にもアディポネクチンには糖質の代謝を促進して、体内でインスリンが正常に作用するように働きかける効果があるのでは糖尿病予防にもなると言われています。

 

 

アディポネクチンを増やす方法

 

ではこのアディポネクチンを増やす方法はどうすれば良いのかというと、直接食品から摂取する事は出来ませんが体内で増やす効果のある食品を食べたり、増やしやすい体にする事は可能です。

 

 

まず体内でアディポネクチンを増やす手助けをしてくれる物質はシークワサーといった柑橘系に含まれているノビレチンという成分や、イワシやサバといった青魚に含まれているオメガ3脂肪酸、ワカメやひじきといった海藻類に多く含まれているマグネシウム、蕎麦や玄米といった穀物類や大豆などの豆類に多く含まれている食物繊維などが有効なのでそれらを積極的に摂取すると良いです。

 

また太っている人は適度な運動をして生活習慣を改め適正体重にする事が大切です。

 

しかしあくまで脂肪細胞からアディポネクチンは作られるので痩せすぎてしまうと体内から分泌されませんので、ある程度の脂肪も健康の為には必要です。

 

>>アディポネクチンを増やせるサプリのDSアディポTOPへ

「ためしてガッテン」で長寿ホルモンのアディポネクチンを増やせる方法が公開

ためしてガッテンの「長生きホルモン大放出!動脈硬化メタボ糖尿病 一挙解決SP」で出てきた長生きホルモンとは、アディポネクチンのことです。

 

長寿ホルモンであるアディポネクチンは脂肪細胞から分泌されており、糖尿病や動脈硬化を予防する効果があると注目されています。優れた健康効果を発揮し、現代人の多くが気にしている中性脂肪を減らしたり、メタボリックシンドロームを改善したり、高血圧も予防できます。

 

アディポネクチンは内臓脂肪が増えれば増えるほど減少する性質を持っていますので、不健康な生活を続けていてメタボリックシンドロームが進むと減ってしまいます。

 

他にも血管を修復したり抗がん作用があったり、脳卒中や心筋梗塞の予防も行えます。

コレステロールの正常化や高脂血症の改善、老化予防、血栓の予防、インフルエンザの予防など幅広い効果が期待できますので、なるべく増やせるように対策を講じることが大切です。

 

アディポネクチンは内臓脂肪から分泌されますが、太りすぎて内臓脂肪が膨らんでしまうと分泌量は減ってしまいます。

 

逆に内臓脂肪や体脂肪が極めて低い状態の時にも栄養が足りなくてアディポネクチンを分泌できませんので、健康的な体型を維持してちょうど良いサイズの内臓脂肪を持つようにします。

 

近年では高脂肪の食事を摂る人が多くなって内臓脂肪がつきすぎてしまうケースも多く見られますが、高脂肪のものを避けて野菜をたくさん取り入れたり運動をすることで内臓脂肪を減らせますので、生活習慣を見直すことが大切です。

 

アディポネクチンは若返り遺伝子であるサーチュイン遺伝子を活性化することでも注目されています。長生きする人の体内にはアディポネクチンの量が多く、100歳以上まで長生きした人たちの体内には普通の2倍もの量が存在します。

 

健康で看病や介護を必要とせず、心身共に若々しい状態で過ごせる健康寿命を長くするための鍵になるのがアディポネクチンです。

 

>>アディポネクチンを増やせるサプリDSアディポTOPへ

アディポネクチン数値の検査をする方法はどうすればいいのか

アディポネクチンとは脂肪細胞から生み出される善玉ホルモンで、インスリンの働きを低下させるインスリン抵抗性を改善したり、脂肪を燃焼させて血糖値や中性脂肪の値を低下させる作用を持っています。

 

アディポネクチンは脂肪細胞が健康で適正な小ささをしている時は一定の量排出されますが、肥大化しているものからは生み出されなくなるという性質をしています。

 

この特性が内臓肥満や高血圧などで顕著に表れるため、メタボリックシンドロームかどうかを計測するひとつの指標として用いることが可能です。

 

1990年代という比較的新しい時期に発見されたため現在でも研究が続けられていて、具体的な例として糖尿病や脳梗塞にガンなどの予防や改善に繋がるものであるという報告がなされています。

 

アディポネクチンには分子の形によってそれぞれ型が異なり、その中でも複数の分子がまとまった高分子型は動脈硬化に対しての抵抗性能があると考えられています。

 

 

アディポネクチンの数値が高いほど長生きである実験結果

 

つまりアディポネクチンの数値が高いということはそれだけ長寿に繋がると言えます。

 

アディポネクチンの検査としては分子型を問わない総量と、高分子型のみのいずれかを選択できることが多いですが、どちらも治療ではないため保険は適用されず全ての費用を被検査者が支払う必要があります。

 

全額負担と言っても検査方法は採血によるものなので大掛かりになることはなく、費用も数千円程度と安くほとんどの医療機関で受けることが可能で検査期間は大体1週間くらいで済みます。

 

血中の正常値は1ml中に5から10μgあれば良いとされていますが、平均値は男性が1ml中に約8μgで女性が約12μgという数値をしています。

 

そのため女性の方がアディポネクチンの数値が高いため平均年齢が高いという考え方もされていて、さらに長寿の人が持つ数値はそれ以外の人と比べて倍以上の数値があるという統計結果も出されているので、なおさら長寿と繋がっている可能性が高い成分です。

 

 

>>DSアディポの口コミ|アディポネクチンを増やすサプリの効果TOPへ

アディポネクチンで糖尿病の予防、生活習慣を改善したい

メタボになるといろいろな生活習慣病になるリスクが高まります。その一つが糖尿病です。

 

本来は人間の体を動かすために必要なエネルギー源であるブドウ糖(血糖)がインスリンの量に対して多すぎると、血糖値が高い状態が続き糖尿病となるのです。

 

糖尿病になってしまうと、血管が傷つき柔軟性が失われて分厚く硬い血管となります。その状態が続くと、やがては脳梗塞や心筋梗塞のように命を落とすリスクも出てきます。

糖尿病では症状が進むと、血糖値を下げるために注射でインスリンを補充して血糖値を下げる治療が必要になってきます。一時的な効果しかありませんが、血糖値が下がれば危険な状態からは脱することが可能です。

 

そんな糖尿病の治療で今注目されているのが「アディポネクチン」というホルモンです。脂肪細胞が分泌してインスリンの働きを助けることがわかっています。

 

「アディポネクチン」はインスリンの働きが弱くなるインスリン抵抗性にも関わるものでインスリンが分泌されているのに血糖値が下がらない患者でも「アディポネクチン」を投与すれば改善するのです。

 

さらに「アディポネクチン」は食欲を抑える働きもあります。メタボになってしまう人の中には、脂っこいものや肉類ばかりを大量に食べる偏った食生活が原因となる人もいます。

 

「アディポネクチン」を投与することで過剰とも言える食欲を抑えることが出来れば、血糖値が高くなることを防ぐことが出来、ひいては糖尿病の予防にもつながります。

 

それほど効果の高いアディポネクチンではありますが、現在のところ分泌量を増やす薬というものは開発されていません。

 

血糖値を改善することがわかっているのは、まだマウスを使った実験の段階で、人に技術を応用するのは臨床試験や厚労省の認可などを経なければいけないので時間がかかります。

 

それでも、食生活の変化や運動不足などによりメタボに悩む人が増えている現代で、画期的な治療が出来る可能性が出てきたというだけで多くの人の希望になりえます。

 

 

>>DSアディポの口コミ|アディポネクチンを増やすサプリの効果TOPへ