メタボになるといろいろな生活習慣病になるリスクが高まります。その一つが糖尿病です。

 

本来は人間の体を動かすために必要なエネルギー源であるブドウ糖(血糖)がインスリンの量に対して多すぎると、血糖値が高い状態が続き糖尿病となるのです。

 

糖尿病になってしまうと、血管が傷つき柔軟性が失われて分厚く硬い血管となります。その状態が続くと、やがては脳梗塞や心筋梗塞のように命を落とすリスクも出てきます。

糖尿病では症状が進むと、血糖値を下げるために注射でインスリンを補充して血糖値を下げる治療が必要になってきます。一時的な効果しかありませんが、血糖値が下がれば危険な状態からは脱することが可能です。

 

そんな糖尿病の治療で今注目されているのが「アディポネクチン」というホルモンです。脂肪細胞が分泌してインスリンの働きを助けることがわかっています。

 

「アディポネクチン」はインスリンの働きが弱くなるインスリン抵抗性にも関わるものでインスリンが分泌されているのに血糖値が下がらない患者でも「アディポネクチン」を投与すれば改善するのです。

 

さらに「アディポネクチン」は食欲を抑える働きもあります。メタボになってしまう人の中には、脂っこいものや肉類ばかりを大量に食べる偏った食生活が原因となる人もいます。

 

「アディポネクチン」を投与することで過剰とも言える食欲を抑えることが出来れば、血糖値が高くなることを防ぐことが出来、ひいては糖尿病の予防にもつながります。

 

それほど効果の高いアディポネクチンではありますが、現在のところ分泌量を増やす薬というものは開発されていません。

 

血糖値を改善することがわかっているのは、まだマウスを使った実験の段階で、人に技術を応用するのは臨床試験や厚労省の認可などを経なければいけないので時間がかかります。

 

それでも、食生活の変化や運動不足などによりメタボに悩む人が増えている現代で、画期的な治療が出来る可能性が出てきたというだけで多くの人の希望になりえます。

 

 

>>DSアディポの口コミ|アディポネクチンを増やすサプリの効果TOPへ