アディポネクチンの作用と効果で長生きしたい

 

アディポネクチンとは体内の脂肪細胞から分泌される善玉ホルモンの事で長寿の秘訣!

 

アディポネクチンはどのような作用と効果があるのかというと、東京大学医学部の門脇 孝教授や山内敏正准教授らの研究チームがあきらかにし、科学誌「Nature」電子版に発表しました。

 

研究の結果、脂肪を燃焼させる働きで人間の体の体重を減らしたり、血液をサラサラにしたり健康を維持する作用があることが分かり「やせホルモン」といわれています。

 

 

アディポネクチンの作用

 

ユーグレナのように健康によいとされるもので具体的に言うと次のような病気にはいいとされています。

 

・高血圧
・動脈硬化
・肥満
・抗がん剤
・糖尿病

 

アディポネクチンは血管の中に沢山あり、血液が体全身を巡り傷ついた血管を修復したり広げてくれます。

 

そして、血流の流れを良くし高血圧予防にもなりますし、その結果大きな病気にならないよう身を守ってくれるのです。

 

まず、動脈硬化の心配がなくなれば、脳梗塞や心筋梗塞といった病気の予防にもなるという事です。

 

またアディポネクチンは糖質やコレステロールの代謝にも関係していて、血糖値が低い空腹時に脳へアディポネクチンがいくと食欲を抑える作用があり、食事量を減らす事が出来ます。

 

その結果ダイエット効果にも繋がる効能があります。

 

さらに血管内のアディポネクチンが著しく低くなると胃がんや大腸がん、前立腺がん、そして乳がんになるリスクが高くなります。

 

アディポネクチンを増やす事ができれば抗がん作用も期待できると注目されているのです。

 

他にもアディポネクチンには糖質の代謝を促進して、体内でインスリンが正常に作用するように働きかける効果があるのでは糖尿病予防にもなると言われています。

 

アディポネクチンを増やしたい

 

アディポネクチンを増やす方法はどうすれば良いのか。

 

直接食品から摂取する事は出来ませんが体内で増やす効果のある食品を食べたり、増やしやすい体にする事は可能です。

 

 

まず体内でアディポネクチンを増やす手助けをしてくれる物質はシークワサーといった柑橘系に含まれている「ノビレチン」という成分や、イワシやサバといった青魚に含まれている「オメガ3脂肪酸」、ワカメやひじきといった海藻類に多く含まれている「マグネシウム」

 

さらに、蕎麦や玄米といった穀物類や大豆などの豆類に多く含まれている食物繊維などが有効なのでそれらを積極的に摂取すると良いのです。

 

また太っている人は適度な運動をして生活習慣を改め適正体重にする事も改善に大切。

 

メタボリックシンドロームいわゆるメタボで体重が増えてしまっている方には、このアディポネクチンが非常に有効なのです。

 

しかしあくまで脂肪の細胞からアディポネクチンは作られるので痩せすぎてしまうと体内から分泌されません。

 

内臓脂肪と違い、ある程度の体の脂肪は健康の為には必要なのことは忘れてはいけません。

 

 

DSアディポの口コミ|アディポネクチンを増やしダイエットで健康に