アディポネクチンを増やしたいならDSアディポ

アディポネクチンを増やすDSアディポ

 

アディポネクチンは、脂肪の細胞から血液の中へ分泌される超善玉ホルモン

 

 

アディポネクチンは、お手軽にダイエットができていわゆるメタボリックシンドロームの解消に役立ち長生きできるという研究結果が出ています。

 

アディポネクチンは、多くの方が悩む生活習慣病の中で健康診断でおなじみのメタボだけでなく、糖尿病・高血圧・高脂血症・動脈硬化を改善できて長寿になれるという健康のための超善玉ホルモンなのです。

 

善玉ホルモン「アディポネクチン」は発見されてから、まだ20年ほどしかなっていない脂肪細胞から分泌されるホルモン。

 

アディポは「脂肪」、ネクチンは「接着」が語源となっています。

 

アディポネクチンを増やしていくなら、先ほどの効能の他にもあなたにとって

  1. ・腫瘍の増殖を抑えるのでがん予防
  2. ・アンチエイジング老化防止
  3. ・ヒアルロン酸の分泌促進で関節の痛みの予防

 

といいことづくめのホルモン。それであればどうしてもなんとかしてこのホルモンの数値を上げて効果を実感していきたいものですよね。

 

 

同じ脂肪なのになぜメタボになるかの分かれ目とは?

 

適度な脂肪細胞は白色脂肪細胞といわれアディポネクチンが分泌されますが、多すぎる脂肪は脂肪自体が肥大化し正常な状態でなくなる。

 

つまり、脂肪細胞でもアディポネクチンが分泌されたり、されなくなったりとうまくしていかないと脂肪細胞から分泌されるホルモンが善玉ではなく悪者に変身してしまうのです。

 

さらにアディポネクチンは、脂肪細胞が小さいと分泌量が多く、細胞が肥大化すると分泌量が減少してしまう。

 

こういったバランスを保つためにアディポネクチンの量の増加を図るには、正しくアディポネクチンを分泌させるコツが必要なのです。

 

 

アディポネクチンを正しく分泌させるためには

 

アディポネクチンは体内の脂肪細胞から分泌されるので、ふだんの食事から栄養として摂れません。

 

でも、アディポネクチンを正常に分泌をできる栄養分を摂取することができます。

 

アディポネクチン分泌を増やせる栄養素を食品からとっていこう

 

  • 豆腐や納豆に含まれる大豆タンパク
  • 野菜に含まれるマグネシウムなどのミネラル
  • 青魚やマグロなどからのEPA
  • 根菜野菜から取れる食物繊維
  • コーヒー
  • ビール酵母など

 

これらの栄養の成分をとっていけばアディポネクチンを増やしていけることでしょう。

 

しかし、これらの栄養の必要な分量を毎日摂っていくとなると非常に大変です。

 

普段から栄養士さんからのアドバイスを受けながら、毎日毎日の食事のメニュー作りをしてもうらうわけにはいきません。

 

そこで、これらの栄養分を凝縮しているサプリメントの活用となるわけです。

 

毎日手軽に飲み続けるだけでいいという便利なサプリ「DSアディポ」があります。

 

アディポネクチンを安定して分泌させたいなら、「DSアディポ」の選択肢を検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

DSアディポの口コミ|アディポネクチンを増やしダイエットで健康に