2017年09月の記事一覧

月別:2017年09月
テレビ東京の主治医が見つかる診療所で紹介「中性脂肪の減らし方」

DSアディポを開発した岡部先生が主治医が見つかる診療所にTV出演

 

 

岡部クリニックの岡部先生は脂肪に関する著名人でテレビ東京で放映されているTV番組にゲスト出演されてました。

 

ここでは、肥満の原因である中性脂肪が増える原因や食べ物を解説しています。

 

1.早食い

これは私でも当てはまりますね、特にすき家などの牛丼屋さんではどんぶり物が飲み物みたいな勢いで早く食べてしまいます。

 

2.フルーツ

意外です。果物は食後に食べたりしますが、子どもや女性が特に好きな食べ物です。季節を感じるには果物は欠かせないのにちょっと残念です。

 

3.アルコール

これは妥当でしょう。毎日のように飲んでいる方は肝臓の負担も考えて飲む量を見直したほうがいいですね。

 

4.炭水化物

 

有名なところです、私の好きなやきそばパンは炭水化物を炭水化物で挟んでいます。またハンバーガーでもハンバーグにパン粉が入っているのでやはり炭水化物を炭水化物で挟んでいるのかもしれません。気をつけたいです。

出演した他の先生の解説

AMPキナーゼについて

 

糖や脂肪をAMPキナーゼという酵素で筋肉に蓄積させて糖や脂肪を燃焼させ、血中への余分な糖が減らすことできるというもの。

食後に筋肉を動かす運動をすると効果的です。

サバの水煮缶でダイエット

 

サバなどの青魚に含まれるDHAやEPAは、中性脂肪ができるのを抑える効果があります。

特にサバの水煮缶なら、缶詰なのでDHAやEPAが酸化されておらず効率的に摂れるということ。

 

近所のコンビニやスーパーでもこういったテレビで紹介されると翌日から数日は品切れになるほど売れる現象がおきて楽しいですよね。

 

番組内ではサバの水煮缶を使ったレシピをいくつか紹介していました。

DHAやEPAを効率的にとって中性脂肪を減らしダイエットしたいですね。

 

 

岡部先生が注目しているのはアディポネクチン

 

中性脂肪の原因を解説した岡部先生は、DHAやEPAよりもアディポネクチンの酵素に注目しています。

 

 

アディポネクチンの効果としては次のような作用があげられています。

 

1.がん細胞の増殖を抑える

がん細胞は毎日体内でつくられて、自身の免疫力でがん細胞を破壊しています。体調を落とし免疫力が弱っても安心です。

 

2.血糖値を下げてインスリンの働きを助ける

体内にあるインスリンをサポートできます。

 

3.血管の老化を防ぎ傷んだ血管をなおし血管拡張作用で血圧を降下

加齢とともに酸化していく血管の機能を改善させ動脈硬化を防ぐことによって、脳梗塞や心筋梗塞の予防になります。

 

4.体内での脂肪の代謝を活性化し中性脂肪を減らす

アディポネクチンという超善玉ホルモンはDHAやEPAと違い運動しなくても中性脂肪を減らしてくれる心強い味方です。

 

 

このようにアディポネクチンは中性脂肪を減らしメタボの予防のほかに、体の大事な血管をも健康にしてくれるすばらしい成分です。

 

どうやったらこのアディポネクチンを増やせるかというと、大豆の多いきなこや不飽和脂肪酸たっぷりのオリーブオイルなんかがよいそうです。

 

メタボと健康のためにアディポネクチンを増やせる方法を知っておきたいですね。

 

 

>>DSアディポの口コミ|アディポネクチンを増やすダイエットが人気

アディポネクチンを漢方薬で増やせるか?

漢方でアディポネクチンを増やせるか

 

 

漢方の成分、黄蓍(オウギ)でアディポネクチンを増やせます。

 

黄蓍(オウギ)とは、韓国ドラマ「チャングムの誓い」にでてきた、古来の朝鮮王朝でとても貴重な食材であり、黄耆はマメ科のキバナオウギおよびナイモウオウギの根を乾燥した漢方です。

 

黄蓍(オウギ)はフラボノイド、サポニンを含有し、老化防止作用・血圧降下作用・利尿作用のほか免疫活性などに効果があります。

 

しかしながら、漢方の黄蓍(オウギ)に配合されている成分を、もっと効率よくアディポネクチンを増やせる成分を摂れるサプリが今はあるのです。

 

サプリといっても普通にスーパーなどに手に入る食品に含まれているものを、最近の研究の結果によりもっともっともバランスよく配合したもの。

 

その中でももっとも人気のあるサプリが「DSアディポ」というものです。

少しでも気になるのなら是非みてチェックしてみてください。

 

>>DSアディポの口コミ|アディポネクチンを増やすダイエットが人気

DSアディポでアディポネクチンを増やしメタボ対策

アディポネクチンを増やしてメタボをなんとかしたい

 

アディポネクチンの数値を増やしてメタボ対策したい

 

メタボリックシンドロームでいわゆるメタボはちょっとまえに一気に普及して広がった単語ですね。

 

健康診断を受けるとメタボ診断もしてくれて、ついつい診断時にお腹をへこませてしまっていませんか?

 

実際にはメタボの基準がどういったものなのかを調べてみました。

 

 

日本肥満学会の基準では腹囲男性85cm、女性90cm以上

かつ

①血圧130/85mmHg以上、

②中性脂肪150mg/dL以上またはHDLc40mg/dL未満、

③血糖110mg/dL

以上の3項目中2項目以上を合併した状態

 

知っていましたか?

私も調べるまでは「お腹周りが85cmがあぶない」ということしか知りませんでしたが、そのほか中性脂肪の値のほか血圧や血糖値も関係あるだなんてあなたは知っていましたか?

 

アディポネクチンを増やしてダイエットしましょう

 

 

現在、体重が増えて健康の心配がある場合には、目安として20歳の頃より太っていることが基準となっています。頑張って20歳の頃の体重を思い出してみてください。

 

身長があまり伸びていないのに体重はどれぐらい増えていますでしょうか?

計算するだけで恐ろしいと思う方がほとんどだと思いますが、もしも明らかに10kg以上の体重が増えているのであれば、確実にあなたの体の中でのアディポネクチン数は減っています。

 

特に、生活習慣病など少しでも不安をかかえる40歳以上の方であれば、すぐにでもダイエットするべきです。

 

太る原因といえば、シンプルに言って食事のカロリーと消費カロリーの足し算引き算。

 

これらの計算の日々の積み重ね、ましてや5年、10年ならばもう考えたくもありません。

長年の悪い生活習慣によるものですから、心当たりがない人はまずいませんよね。

 

ここで理想の体重を目指してダイエットしてもいきなり-10キロといった目標では、絶対に挫折するでしょう。

 

逆に、高い目標がストレスになってしまいすぐにあきらめたり、絶食や過剰な運動をするのであれば体を壊してかえって体を悪くしてしまうでしょう。

 

ここまで書かなくても、きっと皆さんも何回か経験済みなのではないでしょうか。

健康的にダイエットを目指して体の調子を整えたいならアディポネクチンの数値をよくすることがよい結果に繋がることが多いでしょう。

 

もっと手軽にアディポネクチンを増やせるサプリがあります。

 

 

>>DSアディポの口コミ|アディポネクチンを増やすダイエットが人気

DSアディポで生活習慣を改善しよう

アディポネクチンで生活習慣病を改善できる?

 

DSアディポで生活習慣を改善したい

 

生活習慣病とは、主に高血圧、動脈硬化、糖尿病、脳卒中、心筋梗塞などを運動や食事などの悪習慣によるものから発症する病気のことです。

 

また血圧、血糖値、脂質の3項目の数値は、生活習慣病と大きく関わりがあり、簡単な指標としてメタボリックシンドロームの基準があります。

 

 

メタボリックシンドロームは内臓脂肪が増加しておきるもの

 

アディポネクチンは、メタボリックシンドロームになると分泌量が減少するので、アディポネクチンの分泌を促すような食生活の改善が必要となります。

 

アディポネクチンは、血管を修復する働きをするので、脳梗塞、心筋梗塞など、血管が狭くなったり、脆くなったりして発症する病気を予防することができます。

 

また、インスリンの働きを良くし、血糖値の上昇を抑え、糖尿病の予防にもなります。その為には、アディポネクチンの分泌を促す健康食品を摂取したいものですね。

 

 

>>DSアディポの口コミ|アディポネクチンを増やすダイエットが人気