DSアディポの口コミはどうなの?

DSアディポの口コミをまとめてみました

 

さっそくですが、メタボによい善玉ホルモンのアディポネクチンの数値があがるサプリ「DSアディポ」を飲んだ方の口コミや評判を抜粋してみます。

 


 
「DSアディポを飲み始めて1ヶ月くらいたったら、自然と体重は落ち始めていきました。やはり、中年になると体重が増えたり、健康診断で引っかかったりします。
 
その原因は生活習慣によるものが大きいですよね。実際、DSアディポを飲み続けると、体重が落ちるだけでなく、最近の体調もよくなってきたみたいで毎日の活力が変わってきますね。」

 

 


 
「妻と一緒に将来を考えると健康で長生きをしていきたいので、DSアディポをすぐ購入し飲むようになったところ3ヶ月くらいで、毎日すっきりした時間をすごせるようになりました。」

 

 

 

他にもDSアディポの口コミでの体験談を見てみると、おおよそ多くの方が効果を実感しているのが分かりました。

 

これからの人生をできるだけ健康的に生活を送りたいと思い、気になっている自分の体調の不良や症状など家族や周りになるべく迷惑をかけないように、病気の予防や体の自己管理の努力をするべきなのかもしれません。

 

 

DSアディポで内臓脂肪を減らしダイエットできるの?

 

だんだんと年齢が上がってくると体の基礎代謝が悪くなり、なかなかダイエットしにくくお腹がポッコリしてしまうというのが現実です。

 

生活習慣や仕事のストレスが増えてくると、日々のお酒の飲みすぎで尿酸値が増えてきたりとますます健康の不安が増えていく、分かっているのになかなか生活を変えられないないもの。

 

しかし、DSアディポというサプリを飲みつづけると飲まないよりは当然に体の状態が変わっていくものです。

 

アディポネクチンの数値をあげて、メタボを予防し健康な体づくりをいきたいですね

 

若いころのように体の機能を戻したい、健康的な体つくりをしてみたいのなら、今一度DSアディポをチェックしてみましょう。

 

>>DSアディポの公式サイトで詳細をチェック!

 

 

奇跡のホルモン「アディポネクチン」で内臓脂肪を減らしメタボを解消しよう

 

アディポネクチンでメタボを解消

 

健康診断の数値で不安、もしかしてあなたのアディポネクチンの数値は低くなっていませんか?

 

<アディポネクチンの数値が減っている状態>

  • 40代以降の中高年となると普段の悪習慣の影響の積み重ね「生活習慣病」が心配
  • 偏った食生活でメタボや高脂血症、肝臓、尿酸値でよくない数値がでて心配
  • 普段の仕事が忙しすぎてストレス、さらに睡眠不足、生活リズムが不安定

 

 

アディポネクチンの数値が低い人はメタボになりやすく、長生きができないとの研究結果があります。

 

しっかりと年を取っていくにつれ体のあちこちの機能は酸化し、残念ながら確実にだんだんと衰えていくものです。

 

体力がなくなってきて、ちょっとしたことでも確かに疲れが多く感じるのは否定できませんよね。

 

ここで例えば、あなたの周りで高齢のおじいちゃん、おばあちゃんで太った人を見たことがありますか?

 

さらに、アディポネクチンの数値の平均値が男性は8.5、女性は12.5とあり女性の方が高く、女性の方が長生きしやすいのを知ってましたか?

 

アディポネクチンが高ければメタボにくい体質、そして生活習慣病に負けない体作りをサポートできます。アディポネクチンは中性脂肪に関係する超善玉ホルモンなのです。

 

不健康の生活をこのまま続けていくと、これから5年後そして10年後には体の機能、そして内臓が弱ってきて突然倒れてしまうか、重度の障害やうつ病への重い病気へとまっしぐらになるという不安がでてきます。

 

ここで、アディポネクチンにことをもっとよく知り、できるだけ自分だけでなく家族のためにも健康的な体作りをしていきたいところ。

 

でもアディポネクチンとは何なのか?どうやったら検査できるのか?疑問が湧いていきますよね。

 

 

アディポネクチンって何?語源の由来を調べてみた

 

1996年に大阪大学で発見されたアディポネクチンは「ジャパニーズホルモン」とも言われていてその役割から長寿ホルモンや超善玉ホルモンとされてさまざまな効果が期待されています。

 

この名前の由来でも「アディポネクチン」のアディポとは「脂肪」ネクチンは「くっつく、接着」という意味で、血管の壁などにくっついて血管を修復するという性格から名付けられているのです。

 

 

アディポネクチンは脂肪細胞からできる超善玉ホルモン?

 

「えっ、アディポネクチンは脂肪からできるのに大丈夫?」かと一瞬思いますが、脂肪は、通常食べたものをエネルギーとして貯蓄したり、体温を正常に保つための役割が大きいと考えられています。

 

しかし、最近の研究によると、逆に脂肪細胞は様々な生理活性物質のタンパク質のホルモンを分泌することがわかったのです。

 

アディポネクチンは、脂肪からでるホルモンの一種で健康でいるかどうかの指標数値として今は大変注目されているのです。

 

 

アディポネクチンを増やし、健康になりたい

 

アディポネクチンのために取り組みたい

 

内臓脂肪がつきすぎてメタボ、生活習慣病で怖い病気の4つが襲ってきます!

 

  • 糖尿病
  • 脂質異常症
  • 高血圧
  • 高尿酸血症

 

悪い生活習慣を長年積み重ねると、当然病気のリスクが高まります。

 

こうした生活習慣病は、メタボリックシンドロームになるとますますそのリスクも大きくなってしまうのです。

 

メタボリックシンドロームの判定基準

 

1. 腹部肥満 ウエストサイズ 男性85cm以上 女性90cm以上
2. 中性脂肪値・
HDLコレステロール値
中性脂肪値 150mg/dl以上
HDLコレステロール値 40mg/dl未満
(いずれか、または両方)
3. 血圧 収縮期血圧(最高血圧) 130mmHg以上
拡張期血圧(最低血圧)  85mmHg以上
(いずれか、または両方)
4. 血糖値 空腹時血糖値 110mg/dl以上

 

引用:omrom

https://www.healthcare.omron.co.jp/resource/guide/metabo/03.html

 

内臓脂肪が多い人はアディポネクチンの数値が低くなります。

 

実はある程度の脂肪は人間には必要なのですが、脂肪が増えすぎるとかえってアディポネクチンが減ってしまうという少しやっかいなホルモンです。

 

このままの生活を続けていき脂肪が増えていくのを放っておくとメタボになり、生活習慣病がすすんでいくことでしょう。

 

例えば、メタボがすすんで糖尿病になってしまうと、失明、インスリン注射、人工透析など会社での仕事どころか普段の生活に制限ができてしまい、趣味やレジャー、そして旅行はおろか日々の当たり前だった生活ができなくなってしまいます。

 

また、生活習慣病の大きな原因となる、日ごろのランチでのラーメンの外食やコンビニ弁当の食べすぎ、そしてお酒の飲みすぎなど暴飲暴食の毎日で体に負担をかけ続けているとやがてなってしまうおそれが大きい病気。

 

さらに、メタボとなると生活習慣病の4つの病気が重症化してしまいます。

このままではいけません。

 

生活習慣病の症状を少しでも予防していくには、まず加齢による肥満であるメタボをなんとかしなければなりません。

 

いまの生活の中であなたは食生活に気をつけたりしても、お腹のポッコリがなかなか進行していて悩んでいませんか?

 

年をとっていけば新陳代謝が落ちてくるので思いどおり痩せられなく、おなかのポッコリはなかなか治らないことでしょう。

 

ここで、アディポネクチンの数値を普段から気を付けていけば、メタボのお腹のポッコリも改善でき、生活習慣病のリスクも減らせるのでアディポネクチンの数値を意識してあげることが大事。

 

メタボを改善するにはアディポネクチンの数値を上げなければなりません!

 

 

まだまだある、アディポネクチンを増やす大きなメリット

 

アディポネクチンの大きなメリット

 

これからの健康に不安な中高年のためにピッタリの口コミでも話題のアディポネクチンに期待したいリスクとは・・・。

 

  • 血管を修復することにより、動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞・脳梗塞を予防、改善
  • 糖質の代謝を活性化させ、糖尿病の予防、改善
  • 脂肪を燃焼させることにより、高脂血症の予防、改善
  • 血管を拡張させることにより、高血圧の予防、改善
  • 腫瘍の増殖抑制により、抗がん作用がありアディポネクチンを応用したがん治療開発が積極的に行われています。
  • 老化防止
  • ヒアルロン酸分泌促進

 

メタボリック症候群を予防したいなら、奇跡のホルモンのアディポネクチンに注目したいですね。

 

現代病とされる悪い生活習慣による体調不良は、小さいものから大きな病気のリスクまでをなるべく避けていきたいもの。

 

メタボを解消し少しでも健康になりたいなら、アディポネクチンの数値を増やしてみるべきでしょう。

 

アディポネクチンを増やせば中性脂肪が落ち、体重も減り健康的な体の基礎代謝も活発になり、身体本来の機能を保ちやすくなるのです。

 

 

アディポネクチンの基準値、自分の数値を検査するにはどうしたらいいのか?

 

アディポネクチンの数値の平均値が男性は8.5、女性は12.5が基準値とされています

 

では気になるアディポネクチンをどうやったら検査できるのかを調べてみました。

実は私も検査したことがあるのですが、非常に簡単です。

 

血液検査ができる内科などで普通に採血するときに医者にアディポネクチンの項目を入れてほしいとお願いするだけです。

 

医者によっては、項目としてできない場合もあるので事前に問い合わせしておく方がいいかもしれません。

 

またアディポネクチンの数値を測るには、費用が割りと高め、しかも健康保険などの保険対象外となっており、5~6千円余計に掛かるので気を付けてほしいところ。

 

もし気になっているのであれば、一度は検査して数値を測っておきたいですね。

 

 

アディポネクチンを増やす方法とは

 

アディポネクチンという善玉ホルモンは通常、脂肪細胞から分泌されます。

 

これまでの悪しき生活習慣を送り続けているようでは、なかなかアディポネクチンの数値を増やすことは難しいです、というより増えません。

 

でも実は、食品からある成分を摂取することにより、アディポネクチン分泌の促進ができてアヒポネクチンの数値をあげる栄養成分があります。

 

 

超善玉ホルモン「アディポネクチン」の分泌を促す食品はなに?

 

栄養のある食品

 

アディポネクチンの分泌をあげて、体の代謝を上げメタボを解消したいと思うときには、どんな食品の栄養をとればいいのかを調べてみところ。

 

  1. 「EPA&DHA」の豊富な青魚(サバ等)
  2. 赤ワインに入っている「レスベラトロール」

 

また、この他にも、最近の研究では、豆腐などの大豆の加工食品に含まれる「ベータコングリシニン」という成分もアディポネクチンの分泌促進に大変よいということがわかってきています。

 

ちなみに、普段から意識して食物繊維を多く摂取している人ほどアディポネクチンの値が高かったという結果があります。

 

また、ミドリムシのユーグレナやミネラルであるマグネシウムにもアディポネクチン分泌の促進効果があることも紹介されています。

 

これから少しでも体も心も若いままでいるには、アディポネクチンの数値をあげて体重を落とし本来の健康を取り戻さなければいけません。

 

これからは、メタボを治し健康のためにも何としてもアディポネクチンの数値を上げるように努力すべきですよね。

 

 

長寿となるための秘訣、国別にみた食事の内容

 

国別でみた平均寿命ランキング(男女)

1位  日本   83.7 歳
2位  スイス   83.4 歳
3位  シンガポール   83.1 歳
4位 オーストラリア   82.8歳
4位  スペイン   82.8 歳
6位 アイスランド   82.7 歳

 

こうしてみると日本が世界でも有数の平均寿命をもった国ということが分かりました。

 

普通に先進国であれば医療も発達し、食事も充実していそうなのですが必ずしも正比例していません。

 

日本がどうして1位になったのかは諸説があります。

 

考えられる点として

1.緑茶に含まれる抗酸化物質

2.豆腐・納豆・味噌といった大豆の加工食品

3.魚中心のタンパク質、さらに欧米化による肉類のタンパク質との融合

 

いわゆる和食という栄養バランスの優れた食事ではないかとの意見が多いですね。

 

 

 

岡部正さんが監修し開発したアディポネクチンを増やすサプリ「DSアディポ」

 

どうやったらアディポネクチンの数値をあげて、みんなが元気な笑顔いっぱいで幸せに生活できる健康になれるのか?

 

岡部正さんは日々研究を続けてようやく効果的にアディポネクチンの数値を上げれる成分を発見しました。

 

DSアディポを開発した医師である岡部正さんは「おもいッきりテレビ」や「世界一受けたい授業」といったテレビ番組の出演歴があり「みのもんた」さんの糖尿病の主治医でもあります。

 

●経歴

岡部クリニック院長
1953年東京生まれ。1978年慶應義塾大学医学部卒業。
カナダ、カルガリー大学留学。医学博士。

日本病態栄養学会評議員、日本糖尿病学会認定専門医・指導医、日本肥満学会会員。

●出版本

・奇跡のホルモン「アディポネクチン」 講談社 2007年
・「かくれ肥満」が危ない! 青春出版社 2009年
・100歳まで現役 アディポネクチン長寿法 有楽出版社 2013年
などなど

 

 

岡部正先生がテレビ出演した放送番組

 

  • 「おもいッきりテレビ」(日本テレビ系)
  • 「寿命をのばすワザ百科」(日本テレビ系)
  • 「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)
  • 「ザ・怪傑ドクター」(TBS系)
  • 「主治医が見つかる診療所」(テレ東系)
  • 「解決スイッチ」(テレ東系)
  • 「垣花正あなたとハッピー」(ニッポン放送)

 

健康カプセル!ゲンキの時間

 

最近では健康カプセル!ゲンキの時間にも「健康長寿」というテーマで出演していました。

http://hicbc.com/tv/genki/archive/180128/

 

 

岡部さんというとアディポネクチンだけでなく、「メタボ」という言葉を広めた張本人であり「メタボの生みの親」、岡部さんは「メタボ」という言葉の第一人者です。

 

ダイエットや肥満の問題に取り組み、肥満対策としては食事制限やダイエットで体重を落とすのではなく、脂肪を落とし健康的にメタボを解消することに着眼点をおいた医学の研究者でもある岡部さん。

 

そんな岡部さんいわく「肥満体型になると長生きできません。」とのことで、岡部さんはアディポネクチンの数値を上げることによるダイエットをおすすめしているわけです。

 

さらに、岡部さんはさまざまなメディアにも顔を出す引っ張りだこ。

 

岡部さんとは、実は日本病態栄養学会の評議員を務めており、さらに日本肥満学会会員、日本病態栄養学会などにも所属している信頼できる学者。

 

その岡部さんが「自分自身が飲みたいサプリメント」をコンセプトに監修、開発し作りあげたのがDSアディポなのです。

 

 

 

DSアディポで「アディポネクチンの数字」があがるのか?

 

DSアディポを飲んだアディポネクチン値の比較

 

岡部さんが監修し開発したサプリ「DSアディポ」は長生きの秘訣「アディポネクチン」の値が気になる方向けのサプリ。

 

メタボの悩みを解決できるようにと開発したサプリ「DSアディポ」ならアディポネクチンの数値を上げることによって、体を太りにくい体質へと簡単に目指せるでしょう。

 

体重を減らしお腹をへこませることによって、体の中の機能、新陳代謝の機能をもとどおりにします。

 

健康を取り戻したいと思っている方には口コミでも好評の「DSアディポ」のサプリでアディポネクチンの数値をしっかり上げていきたいものです。

 

 

DSアディポの効果の秘密

 

DSアディポはメタボに関して長年研究してきた岡部先生が研究を重ねて、アディポネクチンの数値をいかに効果的にあげれるかを重点にして作られたサプリです。

 

岡部先生は天然の成分を厳選し、次のような3つの成分を選び、いかにコスパよくアディポネクチンをあげれるのかを実現させました。

 

 

1.シークワーサー

 

長寿の国で有名な沖縄でとれる果物のシークワーサーは、アディポネクチンを増やせる成分であるノビチレンを多く含まれていると東京薬科大学でも実証されています。

 

 

2.大豆タンパク

 

大豆のタンパク質に含まれるβーコングリシニンという成分は、豆腐や納豆に多く含まれているとされています。

 

大阪大学の研究でもβーコングリシニンがアディポネクチンの数値を上げる成分として研究の成果を発表されています。

 

 

3.亜麻仁油

 

よく話題になるオメガ3脂肪酸は、魚に含まれている健康のための成分として知られていますが、アディポネクチンの数値を上げるものとしても有名です。

 

このDSアディポでは魚に含まれるオメガ3脂肪酸ではなく、亜麻仁油に含まれるαーリノレン酸の入ったオメガ3脂肪酸を採用しています。

 

αーリノレン酸は、体内でDHAやEPAに変換されるほか、食物繊維を多く含んでいたりポリフェノールが多かったりと魚から取るよりも複合的に摂れるメリットがあるのです。

 

 

このようにDSアディポは、これらの三大成分を柱として、どうやったらアディポネクチンの数値を効果的に上げられるのかを効率的に配合バランスを研究され、開発されているのです。

 

毎日の食事から安定して摂りたい成分を融合させて作られた「DSアディポ」でアディポネクチンをお手軽にあげたいものですね。

 

 

 

 

 

DSアディポにデメリットはあるの?

 

DSアディポはアディポネクチンの数値を上げたい人に対して効果的にあげていける成分をバランスよく配合されているサプリ。

 

しかし、サプリをはじめる場合にはそれなりにリスクもあります。

 

 

1.金銭的にコストが毎月のようにかかってしまう。

 

健康になるためにアディポネクチンというホルモンに注目し、なんとか自分も健康になりたいために定期的に出費が余計にかかってしまいます。

 

果たしてアディポネクチンの数値を上げれば悩みの種である今の症状や、これからの健康的な生活が改善されるのかがどうかが問題ですよね。

 

いくらお金があっても病気であればどうしようもなく、やはり健康が一番大事。

すこし出費が増えてもそれだけ頑張れる自分になれるのであればその分以上にやる価値はあるのではないでしょうか?

 

 

2.アディポネクチン サプリのDSアディポに副作用はあるの?

 

DSアディポは食品からとれる成分からできているので副作用の心配はありません。

 

だからといって体質に合う合わないや、過剰摂取で逆に体調を崩してしまうということもあると思います。

 

ましてや、年を重ねるうちにアレルギーとして体が反応してしまう成分という可能性もあります。

 

もし始めてみて自分の体質に合わないとなったらすぐに休止したほうがいいですよね。

 

幸いこのDSアディポはお得な定期コースで申し込んでいても、合わないと分かったら購入回数の縛りはないのですぐに定期コースをストップできます。

 

もし心配であれば、かかりつけの医師にサプリを飲んでも良いかの相談をしてみるといいかもしれませんね。

 

 

DSアディポをおすすめできる人、おすすめできない人

 

DSアディポのおすすめできる人、できない人

 

これからの健康のために生活習慣を変えたいのになかなか変えられない。

 

なんとか簡単に体の体質を変えてメタボリックシンドロームを改善し、健康体を取り戻していきたい。

 

ストレスだらけの毎日から抜け出したいなら、仕事をやめて心機一転しながら生活を変えていかなければ物理的にムリですよね、私もそう思います。

 

繰り返しますが・・・

 

アディポネクチンとは体の脂肪(脂肪細胞)から分泌される超善玉ホルモンと言われ、アディポネクチンの数値が多いことは、長生きの鍵としても考えられています。

 

今の生活を続けながらなんとかしたいなら、DSアディポでアディポネクチンの数値を上げて、健康的な体に近づけたい人にはおすすめできます。

 

 

DSアディポの飲みかた

 

DSアディポは1日6粒飲み、1箱につき1か月続けられるサプリ。

 

成分としてはさきに述べたように食品から摂れる成分を凝縮したものなので、薬と違って飲んでから何時間空けてから次飲んで下さいというものではありません。

 

だから一度に1日分を摂っても体に悪影響はありません。

 

しかし、サプリを飲むからには、もったいないのでできるだけ効果的な飲み方をしていきたいものですよね。

 

ここで、どうやったらサプリの効果を感じられる飲み方なのかをDSアディポの会社に問い合わせたところ

 

できるだけ毎日継続して続けて欲しいとのことでした。

 

確かに薬ではなく食事と同じなのでいろいろとルールなどはないようです。普段の食事やお菓子と同じように毎日適度に飲んで、できるだけ長く続けていくというのがサプリの効果を実感できるコツのようです。

 

自分の体調や体質に合った飲み方をしていきたいものですね。

 

 

DSアディポをおすすめできない人

 

おすすめできないのは、痩せ型でメタボやお腹周りの内臓脂肪に悩んでいないが、生活習慣病を治したいと思っている人です。

 

個人差がありますが、遺伝の関係で元々アディポネクチンの数値が高い人がいます。

 

アディポネクチンの数値の平均値が男性は8.5、女性は12.5より高い人はあえてサプリを摂る必要はありません。

 

メタボ以外の生活習慣病で悩む方には、血管の健康に注目しDHAやEPAなどの血液サラサラを気をつけたほうがいいかと思います。

 

 

DSアディポをできるだけ安く買いたい!最安値で買える店舗は公式サイトから

 

 

口コミでも好評のDSアディポをなるべく安い値段で購入できるプランを調べて比較してみました。

 

DSアディポは楽天などのネット販売店では販売しておらず、インターネットでの公式サイトのみの販売となります。

 

公式サイトでは、定期コースの初回限定は30%オフのお得な価格があります!

 

DSアディポの正規の公式サイトでもやはりまとめ買いより定期購入が最安値で購入できる方法となるようです。体に合うかどうかも大事なので定期購入で申し込み、合わなければ休止とする方法は一番スマートですね。

 

 

  まとめ買い 定期購入
1箱目 定価 30%割引
2箱目 3,600円割引 2回目以降2,400円割引
3箱目 7,200円割引 2回目以降2,400円割引

 

※送料無料、いつでも電話で休止可能

 

>>DSアディポの公式サイトはこちら!